しみやしわを防ぐには紫外線対策が重要

紫外線の影響でしわやしみが多くなるのは、多くの人が知っています。いちいち大変かもしれませんが、紫外線を防ぐことは重要です。紫外線の肌への影響が、加齢による影響以上に肌を老化させるともいい、しわやたるみが増える要因となります。

しみやしわができてしまってから慌てて対処をしても、セルフケアで改善をするには根気が必要です。自宅で肌のお手入れをする時には、しわやたるみが目立つようになる前に、日常的なケアをすることが基本です。どのようにして紫外線から肌を守るのかが、しわやたるみをつくらないためのコツです。5月から9月ぐらいにかけては、紫外線が最も強くなりますので、特に注意が必要です。UVカット加工が施されている傘や帽子、サンバイザーなどを活用して、紫外線が皮膚に到達しないようにすることです。一見、日差しがそれほど強くない冬のさなかでも、地表からの紫外線の照り返しがかなり多いことがあります。多少の強弱はあったとしても紫外線は降り注いでいるので、年間を通して常に対策は必要になります。日焼けどめクリームは、わずかな時間の戸外での活動でも、必要なものといえます。また、紫外線はガラス窓越しにいるだけでも肌に影響を及ぼしますので、出かける予定がない日でも、日焼け止めをつけたほうが無難です。
http://www.shimojapanesechins.nl/