オメガ3系コード不飽和脂肪酸と言う栄養素

DHAとEPAはとても体に良く健康の効果もあるように聞きますが、効果とは同じなのでしょうか?実は、DHAやEPAは、オメガ3系コード不飽和脂肪酸と言う栄養素で作られていて、科学的な構造なども類似しているため、同じような効果を説明されることが多々あるようです。

消費者庁の食品の機能性モデル事業としては、DHAやEPAはその両方で心血管疾患リスク低減や血液中の中性脂肪を減少させるあるいはリウマチや関節症などを和らげてくれる十分な根拠があると言うようにされています。しかし、DHAは脳、あるいは網膜などの組織を構成する成分でもあるので、脳や神経組織の発育または機能維持の効果がとても期待をされているようです。またEPAは、体内で体の中でプロスタグランジンと言う物質に変化し、これが血液を凝固させにくく、血液サラサラ状態に導いてくれることから、後血栓作用の効果が大いに期待されていると言うことです。また、DHAとEPAを摂取することでの効果はどちらも同じなのだそうです。ただ私、魚の種類によっては、DHAやEPAを含んでいる量に違いがあるので、効率よく摂取するには、魚の種類を吟味してからチョイスすることがとても重要です。血液サラサラ,DHAEPA,サプリ