サラリーマンは絶対に避けて通れない

サラリーマンをしている人には絶対に避けては通れない職場で実施される健康診断。日常生活の中で自覚症状が全くない病気を見つけてくれることもありその点とてもありがたいのだが、日々忙しい仕事に追われる中で、もしも再検査指示された場合、受信するのはできるだけ避けたいと思いますよね。

異常な数値を結果として提示されても、どれくらいのレベルで生活習慣を改善すれば良いのか見当がつかない人も多数いらっしゃることでしょう。今回は最新の結果で異常なしとなった場合、どのように受け止めればいいのかを経年変化を確認しながら項目について考えていましょう。職場で受診した健康診断の結果が手元に届いて総合判定や各検査項目の判定をさらっと確認し、異常がなければほっと一息ついて安心しきっているかもしれません。でも職場の義務として受診した健康診断の結果は毎年保管しておいた方が良いようです。健康診断での各検査項目の数値は良いまたは悪いと言う判断を促す指標としての基準値するだけでなく今後も毎年の変化を経過観察することを目的としたい。少なく見積もっても、過去3年程度の結果は把握しておくと良いそうです。基準範囲内でも、数値が悪化してきている経過を把握でき、そのままの生活を送っていればその方3年程度で基準値を超えてしまう可能性が高いからです。健康診断の結果で今後の経過を観察していけば、大きな病気を予防することにつながります。DHAEPA,サプリメント,口コミ