妊娠と葉酸サプリについて、改めてまとめてみる。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリを利用するのが、最もポピュラーです.

しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつからいつまで飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

今回は、妊活と葉酸サプリの関係について、改めてまとめてみます。

葉酸サプリを飲む期間ですが、一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが推奨されています。

ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。

実際にはそんなことはありません。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を下げてくれるという意味では、妊娠3ヶ月までの期間が大切な期間という訳です。

なので妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。

 

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人がいらっしゃると思います。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから調理の際の加熱によって熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。

せっかくの葉酸サプリ、ぜひ授乳期まで続けてくださいね。

 

妊活中から授乳期までずっと使えておススメな葉酸サプリは「mitete 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」です。詳しくはリンクをご参照ください。