中性脂肪の恐ろしいところ

中性脂肪の恐ろしいところは、健康診断等で行った検査の数値が高くても、実はこれ!といった自覚症状がなく、すぐすぐ体に悪影響が出ると言う事でもないのです。

それだけに、静かな足音で近づいてくるリスクだといえます。中性脂肪の値が高いまま、長期間見て見ぬふりをしておくと、血管の老化が確実に進んで、動脈硬化や心臓疾患、脳血管疾患まっすぐ突っ込んでいくようなものです。中性脂肪が高い数値を指している上に、コレステロールも高い数値をさしていたり、高血圧や糖尿病の合併症、または喫煙やストレスといったものが加わっていけば、さらに動脈硬化の危険が増していきます。過剰な中性脂肪摂取から逃れるための方法をご紹介します。まず過食をやめましょう。特に摂取カロリーが人よりも多い人は、必ず減らしましょう。そして次にバランスの良い食事を心がけてほしいと思います。1日単位で栄養バランスを考えて食事をしましょうまた甘いものを控えるというのも1つの方法です。生クリームやバターを多く含むもの、ジュースや甘いコーヒーなど糖質が多いものは必ず控えるようにしてください。食事の店では魚介類や植物性蛋白を増やしましょう。また食事に使う油類は液状のものを使うように心がけてください。毎晩毎晩アルコールを体内に入れるのはあまり良くありません。さらにタバコを吸われる方も徐々に減らして最終的に禁煙を心がけてください。最後には適度な運動をお勧めします。有酸素運動を1日30分以上行うことで少しは改善されていくことが期待できます。日常生活の中で可能な限り体を動かしましょう。DHAEPA,サプリ,口コミ