必須脂肪酸の疑問に思うこと。

DHAとEPAはどう違うんですか?と疑問に思うことがあります。軽く調べたところ、DHAは何の働きを活性化させてくれる効果が期待できる栄養成分で、EPAは血液をサラサラにしてくれる効果が期待できる栄養成分がと言うことでした。

DHAとEPAは、どちらも人間の体ではほとんど作れない必須脂肪酸の1種です。DHAの正式名称はドコサヘキサエン酸、青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸種類に含まれます。DHAの特徴は、青魚のサラサラ成分と足に呼ばれていて、構える覚える力の維持や健康維持にとっても重要な役割を担っているものです。対してEPAはエイコサペンタエン酸、こちらも青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸です特徴としましては青魚のサラサラ成分維持する働きや前向きな気持ちといったメンタルサポートしてくれると言うことです。魚の中でも多く含まれていると言われているDHA&EPA。肉中心の生活をしている方には積極的に摂取してほしい成分ですが実はこのDHA&EPAは、昨年の種類や含有量が違うと言われています。DHAの含有ランキング、1位はマグロ、2位はサンマ、3位は鯖です。EPAの含有量ランキングは、1位は鯖、2位はキンキと同率でサンマでした。食事で摂取するのが難しいのであれば、DHA&EPAサプリメントをお勧めします。厚生労働省が推奨している1日の理想とする摂取量は、食事で摂取する魚の量ではほとんど足りていません。そういう場合にDHA&EPAサプリメントがサポートしてくれます。上手に使って上手な健康管理をしましょう。EPAサプリメントを比較し購入するなら当サイトをクリック。