中年太りは老化現象。

丸々とした中年太りは老化現象なんだそうです。「酸化」・「糖質の摂り過ぎ」・「ホルモンの変化」を抑えて太らない体にしたいのはみなさん同じなのではないでしょうか。

40代に突入したころからの中年太りの原因は、食べ過ぎと運動不足だけではないようです。中年太りは、白髪が生えたり、老眼で目が見えにくくなったりと、あらゆる機能が低下するのと同じく老化現象のひとつなのです。老化により、体の中の色々な細胞や器官が衰え、本来の機能が働かなくなって太りやすい体になるようです。太らない体づくりをすると、健康促進とともに、お肌にハリとツヤが蘇るという美容的な観点からの若返りも叶うのだとか。肥満の理屈は単純です。簡単に言えば「摂取エネルギー」が「消費エネルギー」を上回ったときに起こる。当たり前ですよね。
私たちは寝ていても、いえ、ジっとしているときでも、常にエネルギーを消費していて、これを基礎代謝といいます。基礎代謝とは、呼吸をする、体温を保つ、心臓を動かすなど、生きていくために必要なエネルギーのことです。わかりやすい老化現象のひとつに筋肉量の低下というものがありますが、筋肉量が低下すれば基礎代謝は下がります。基礎代謝は10代後半から低下していき、40代を起点にして、50代~60代でグングン落ちていきます。ですからせめて健康管理のために、DHA&EPAサプリだけでも飲みましょう。https://xn--dha-u63bmxmgze0809a.xyz/