網膜薄利の原因とその治療方法について

網膜剥離は、眼球の内側にある網膜が剥がれてしまい、視力が
低下してしまう目の病気です。網膜は剥がれてもあまり痛みを
ともなわないので気付くのが遅れることがありますが、前兆
として飛蚊症が現れて気付くことがあります。

放置しておくと失明の可能性もあるので、早めの受診が必要です。
網膜剥離の原因は、加齢が多く、事故などによる頭部や眼球への
衝撃で引き起こされます。どちらの場合も網膜の裂け目(網膜
裂孔)が網膜剥離の初期の症状として現れます。

この裂け目をそのまま放置をしてしまった場合、この小さな穴から
網膜とそれよりも下層に水分が流れ込み最終的には網膜が剥がれて
しまいます。

治療法としては、裂け目ができているケースと網膜が剥がれている
ケースで変わってきます。

1.裂け目が出来ている場合

この倍は光凝固法といって、瞳孔から網膜の穴にレーザーを照射し
焼き付けます。

2.網膜が剥がれている場合

この場合は、剥がれた網膜を元の位置に戻す必要があり、網膜剥離
の症状に応じて、「硝子体手術」「強膜バックリンク法」といった
方法で処置します。

ティアグロスの詳細はコチラ