直葬とは

直葬とは遺体の安置後に、通夜や告別式などを省略し、直接火葬場へ出棺する葬儀です。
非常にシンプルな葬儀であり、直葬なら20万円程度まで費用を抑えられます。
本来は宗教儀式を行わないのですが、僧侶を呼んで火葬場で読経をしてもらうことも出来ます。
直葬は、近親者や親しい友人で、ごく少人数で行れることが殆どです。
手順が大幅に省略されるため、その分費用も安価になりますが、具体的に直葬の費用には何があるのでしょうか。
まず火葬する際に必要な「火葬代」と「棺代」、「納骨容器代」、「火葬までの搬送・安置」という費用がかかります。
火葬は伝染病などの危険がない限りは、24時間は火葬を行うことができません。
病院も安置できないところは少ないため、「病院からの安置所への搬送費用」、
「安置の際のドライアイスなどの保存処置費用」といった費用が別途かかります。
葬儀社無しでも行うことも出来ますが、遺体の搬送や保存など、高度な処置が求められます。
そうしたことから、直葬でも葬儀社に依頼する場合が多いようです。

家族葬が安い葬儀社を探しているならこのサイトが便利です