スーパーに通っていると気になるのがお年寄りの存在です

私の町の駅はまだ踏切があるようなローカルな町です。
商業施設などもありませんので、スーパーがメインになったりしています。

春になって日中も人が多くまたお年を召した方もたくさん住んでますが、
お年寄りのカートを引いて歩くおばあちゃまやおじいちゃまが多く見られ、
暖かいしお散歩かぁと思っているのですが、

最近踏切の音がなっているのに、ゆっくりとカートを押して踏切をゆったりと
渡ろうとしているおばあちゃんや、自転車をひいて踏切を渡る時も
遮断機が上から落ちてきているのに歩いて渡ろうとしていて、
私は何度か近くにいた男性と一緒に助けたことがありました。

あとは信号がない道路の横断がお年寄りが目立ち、
その際は私も足を怪我をしておりましたが、必死に走って助けました。
車は止まってくれましたが私も危ない思いをしました。

私も祖母と一緒に住んでますので、
お年寄りの気持ちも少なからずわかります。

ただ、止まってくれるだろうというような何か余裕があるお年寄りの気持ち。
どうにかなるでしょうといった気持ちもあるのかな?と思ってしまいます。

席を譲っても座らないとなんだか落ち込むというか、
失礼だったかなとも思ったり、お年寄りが嫌いではなく、
周りにいる人の手助けも必要ですが、一緒に住んでいるご家族も
もうすこしケアしてあげればいいのかなともおもいます。

 

お年寄りといえば、足腰が弱い方も多いので、サプリメントを飲まれる方が多いみたいですね。

最近のサプリメントは「プロテオグリカン」などの軟骨成分が配合されているものが多いので、かなり足腰に効くようです。

私もテレビで紹介されていた「北国の恵み」というサプリメントが気になって購入しちゃいました。

「本当に効果があるの?」って心配だったので、北国の恵みについて色々調べてみたのですが、特に心配する必要はないようです。

ちなみに「北国の恵み」は下記のサイトに詳しい効果と口コミが掲載されていたので、覗いてみて下さい。

北国の恵みの口コミはこちら