販売されているサプリメントの購入時に注意すべき点

最近はコンビニや、ドラッグストアでもサプリメントは販売されていますが、買う時に気をつけたいことがあります。

サプリメントは薬ではなく食品であるため、配合されている成分は、厚生労働省が定めた食薬区分に沿ったものである事が必要です。加工食品にカテゴリー分けされているサプリメントは、食品販売の許可がなくても売ることができますが、守るべき法律はあります。

店舗でサプリメントを販売する時に守らなければならない法律は複数あります。

食品衛生法や、薬事法など、健康食品を販売する時に守る法律です。

サプリメントは食品なので、薬のように効果を記載すると、法律違反になります。

薬事法の制限により、食品として販売されているサプリメントは、薬のような効能があるような記載の仕方をしてはいけないことになっています。

それをしてしまうと、法律違反になります。

この制限は、店頭での販売だけでなく、訪問販売、通販カタログの内容にしても一致しています。

サプリメントは数多くの商品が販売されているので、中には法律が守られていない場合もあるので注意が必要です。

基本的に、サプリメントは公正取引法や、景品表示法に従って表示内容を決められていますので、オーバーな宣伝をしている商品は注意する必要があります。東京美容外科 福岡

どんなサプリメントを使えば自分の体に合っているのか、販売されているサプリメントの種類が多くて目移りしてしまう方もいます。

ネット上には、人気商品のランキングサイトや比較サイトがあるので、情報収集することができます。

各サプリメントについての情報を収集した上で、どのサプリメントが自分のニーズに合致しているのかをよく考えてみてください。