自動車の修理工をしていて知った意外な事実

私は自動車修理工場でパンクの修理を主に担当しています。子供の頃はまさか自分が、この仕事に就く事になろうとは思いませんでした。

子供の頃は友達がスポーツカーや外車に夢中でしたが、自分は全く興味がなくて、友達の誰かが車関係の仕事に就くだろう、自分は購入すらしないだろうと思っていたので、皮肉な感じです。高等学校で担任の先生に、私の性格は自動車整備のような仕事が向いていると、勧められて消去法的に選んだ仕事でした。修理工をしていて馴染むと言うか、作業が心地良く感じる今日このごろです。社長がマラソンが好きで私も誘われて、5人ほどのマラソン部があります。東京マラソンに備えてトレーニングをしています。抽選でなかなか選ばれませんが、選ばれたら完走者に贈られる金ぴかのメダルが欲しいので、頑張るつもりです。タイムは5時間は切りたいと思っています。

ブリアン歯磨き粉の効果で健康をお口から

しかし、やはりマラソンはしんどいので抽選がはずれてホッとしている気持ちもあります。仕事に関しては、パンクの修理の時に、タイヤに刺さっている釘やねじなどを保管しています。一年間貯めて、年末の忘年会の前にこんなにたくさんタイヤに刺さるものだなーと思ったり、たくさんパンクを治してきたんだなーと思って捨てます。たまにパンクの原因が植物のトゲだったりする事もあり、びっくりさせられます。これじゃあ庭にうっかり植物を植えられないと思ったり、バラの近くを自動車で通るのは避けた方がいいのかなーと心配します。