就学支援金

就学支援金にとどまらず、都道府県市町村において高校生を支援するために定めている学費を減免する制度が色々とあります。詳しいことは学校説明会などに出た際に問い合わせてみてください。

以前は、中学卒業後は全日制の高校へ進むという形が当たり前とされてきましたが、ライフスタイルに合った学び方ができる通信制高校へ行くという今までにない形も広く受け入れられるようになってきたように思えます。
まず第一にここぞと思った学校の全てに資料請求してみましょう。次のステップとしては目当ての学校をいくつか選んで、子どもと連れ立って学校を訪れ、自分自身の目でその学校の様子を見極めましょう。
通信制を出てから大学進学を目指している人には、高校の授業内容だけでなく、大学入試に関わる?ベルの高い技量を備える予備校を母体としたサポート校へ行くということは、一つの方法となることでしょう。
どういう雰囲気の通信制高校が現実にあるのか、とりあえず見てみましょう。漠然とでも「自分に合うかも」と好感を持ったら、無料で手に入りますから、気楽に資料請求してパンフレットの取り寄せをしてみたらいいと思います。
諸般の理由があって、学年制を採っている学校では高校卒業資格を取るのが大変な生徒も、単位制を取り入れている高等学校なら卒業できるかもしれないということも多いだろうと思います。
参考:通信制高校サポート校<不登校対応の高校資料請求はこちら>
通信制高校の多くは、学年による区分を設けず、必修となる科目以外は好きな科目について学習し、卒業時までに3年間の在籍・74単位修得・特別活動30単位時間という絶対必要な要件が満たされていればOKです。