レシピを聞いて挑戦しましたがどうしても母のような味はでません。

東京在住で2歳の娘がいます。毎年、正月は祖母の家に親戚が集まるのですが、今年は娘がイヤイヤ期真っ盛りで帰省を諦めました。
いつもは母が作ったおせち料理にプラスして寿司やオードブルを囲んでワイワイやるのですが、今年は夫も年末年始に仕事があり、娘と二人きりで年越しをしました。

ギリギリまで帰省をどうするか悩んでいたため、おせちの準備もしていなかったのですが、クリスマス時期まで予約ができる通信販売のおせちがあったので、注文することにしました。
届いたのは3段のお重でいろいろなものが少しずつ入っていて豪華なおせちでした。冷凍したものではありましたが、わりとおいしくいただくことができました。娘も大好きなエビがふんだんに入ったおせちに目を輝かせ、好き嫌いはなく、いろいろなものを味わうことができました。
おせちを食べてから夫と一緒に近所の神社に初詣に行き、帰りに夫の実家へ寄りました。そこでもおせちで、正直言ってもうたくさんという感じでしたが、義母の手料理もあり、そちらをメインにごちそうになりました。
毎年、母の作った伊達巻などを楽しみにしていたので、食べられなかったのは残念ですが、2日に母から荷物が届きました。なんと、頼んでもいなかったのに伊達巻やら黒豆やらたくさん入っていました。娘もこちらのほうが気に入ったようで「たまご巻き(伊達巻のこと)、もっとちょうだい!」とおいしそうに頬張っていました。昔から変わらぬ母の味を堪能し、お腹も心も満たされました。本当の意味で正月気分を味わえたような気がしました。
母の味を娘にも引き継いでもらいたいと思い、来年の正月までにはマスターしたいと思います。

ネイチャーリズム