ピーリング石鹸でのスキンケアについて

皮膚の表層に残っている古くなった角質層を取り除き、肌の代謝を正常にするピーリングという美容方法が注目されています。
かつては、ピーリングといえばエステの技法でしたが、最近では家庭用のピーリング石鹸も販売されています。

具体的なピーリングの方法としては、レーザーを使って皮膚表面を剥がしたり、弱い酸を皮膚に塗ることで、表層を溶かすという方法です。
自分で行うピーリングの場合は、弱酸性の石鹸を使って顔を洗い、表面の皮膚を溶かします。
ピーリング石鹸にはAHAというピーリングに用いる酸が入っていて、この成分が皮膚に高価を及ぼします。
ピーリング石鹸によく含まれているAHAとは、フルーツ酸とも呼ばれており、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、グリコール酸などが主な成分となっています。

フルーツ酸は、それほど強い酸ではありませんので、皮膚を溶かすといってもさほどのものではありません。
普段の洗顔を水だけでしている人、年をとって角質層が固くなってきた感じがする人などは、ピーリング石鹸でのスキンケアをすることで、きれいな皮膚を表層に出す効果が期待できるでしょう。
お肌がくすんでいるように感じる人や、毛穴が開き気味な人、しわやしみを解消したいという人にも、ピーリングはおすすめです。適切な間隔をあけて使うこと、肌の新陳代謝を考えて夜に使うようにすることが、ピーリング石鹸のコツです。

人間の体は、寝ている間にダメージの修復や細胞の生成が行われていますので、夜にピーリングをすれば皮膚の再生が促進されます。洗顔後のお肌は刺激に弱い状態になっていますので、ピーリング石鹸での洗顔後は、化粧水などで入念なケアをしておきましょう。

【お試し500円】カガエ敏感肌用の洗顔