井上康生監督が喜びの涙!日本柔道男子全階級でメダル!

リオデジャネイロオリンピック2016で日本柔道男子が全階級でメダルを獲得するという快挙を成し遂げました。

これにより過去最多メダルの数を塗り替え、柔道界のみならず日本のファンからも歓喜の声が上がっています。

なにより一番の歓喜を表したのは柔道の井上康生監督。

4年前のオリンピックでは柔道男子は初の金メダルを逃すという…良い結果を残せず悔し涙を流した井上康生監督でしたが、今回はそれとは違い全階級でメダルを獲得するという快挙。

これには井上康生監督は喜びの涙を流し、選手たちの頑張りを讃えています。

選手の目線に経ち、数々のに練習を試されてきた…そして『選手のことを信じた。』その期待に選手たちは答えたのでしょうね。

今回の男子柔道の試合は観戦していた方も本当に感動するばかりでした。

日本のファンに頑張ろうという気持ちと勇気を与えてくれました。

4年後の東京オリンピックに向けてもまた気持ちを新たに選手たちと取り組んでいきたいと話していた井上康生監督。

今後も監督としての活躍に期待しています。

30日間金利0円のアコム