どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります

WiMAXの利点としては、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。

 

無線を使用するので、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。それに加えて、WiMAX端末はポケットサイズですから、携帯性が高いです。
諸々の点を考えると、タブレットと一緒にカバンに入れて持ち運ぶのも良いでしょう。

そう言う所から、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダも存在します。WiMAX通信機の大きさは、スマホよりもコンパクトです。そう言う事で、持ち出しするのに邪魔になりません。
ポケットに収まる大きさですし、重さや厚みも大した事なく、ポケットが膨らむような事も無いです。
ワイマックス通信機は、スマホアプリで操作可能です。

 

ですので、WiMAX端末をカバンの中に入れ、その状態で使用する事が出来ます。
URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX機器なので、バッテリーが組み込まれていない為、使用目的は屋内使用のみに限定されています。そんな部分はありますが、可動式の高利得アンテナが外部に取り付けられており、受信精度の良さが特徴の一つとなっています。(UQ WiMAXの端末価格が安くなったって本当?より抜粋)
なおかつ、一度に16台もの機器をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線で通信する事が可能です。
しかも、WiMAX通信だけを利用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを利用する事が可能です。最近、WiMAXサービスの契約先の中に、独自の保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。

例として挙げると、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を導入しています。
それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入してます。どこの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。

 

WiMAXサービスを導入した事により、私の生活は大きく一変しました。
最も大きかった事は、スマートフォン通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。

 

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。そう言う流れで、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように視聴出来るようになりました。

 

WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。WiMAX端末の種類は豊富で、新しい機能を持ったものが次々と出ています。

 

一例を挙げると、WiMAX回線を使った通信しか出来なかったWiMAX端末に、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線にも対応するようになりました。更に、毎年通信速度が速くなって来ています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が倍に向上しました。月額料金の安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが存在します。
驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であると、業界で最も安いWiMAXのプロバイダと言えます。
でも、auスマートバリューmineに対応していませんから、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。

更に、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。
WiMAXサービスを提供しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているところもあります。
具体例を出すと、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。

DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やレジャー施設、合わせて、温泉施設やスポーツクラブ、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。映画や展覧会、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、色んな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択が必要です。
プロバイダにより異なりますが、大まかに分けると2種類の料金プランが存在します。
その料金プランとは、ギガ放題プランと通常プランです。

 

ギガ放題プランは高額な月額料金になりますが、たっぷりと通信を行なう事が出来るお得な料金プランです。

一方、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、速度制限の規制が厳しくなる分の注意が必要です。

1ヵ月間の通信量が7GBを超えるかどうかを目安にしながら、お好みの料金プランで契約を行いましょう。モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが色々存在します。一例を挙げるとすれば、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、下り最大通信速度はわずか3Mbps程度です。ぷららモバイルLTEの通信速度って、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。
従って、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXと比較すると、速度制限が掛かり続ける状態でのサービス利用と同等です。WiMAXの端末は、どんどん高性能化されています。例えば、通信速度の向上が目まぐるしく、今のところ、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。

 

ところが、ここのところは通信の速さよりも、通信量の方が気にかけられる傾向にあるみたいです。新しいWiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。

なぜかと言えば、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが原因で通信が思うように出来なくなってしまったユーザーが続出したからです。
そう言う事で、メーカーやユーザー的には、新製品に搭載する機能も変わって来たのです。
某電機屋さんで、光回線を勧められました。

 

WiMAXユーザーの私ですから、当たり前の事ですが、必要性を感じません。
販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、驚くべき事を言われました。

 

WiMAXって、強風の日とか使えなくなるでしょう?でも、これまで毎日のように使っているWiMAXではありますが、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。

 

強風の中であっても、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応しているエリアが拡大しています。
加えて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しながらのインターネットにも対応してます。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。

ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言うモードが新たに搭載されました。

なおかつ、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。各WiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られてて、値段としてはおよそ3000円ほどします。
このクレードルの必要性が気になる人もいるかと思われますが、基本的にはなくてもWiMAXを利用する事が可能です。
ですけど、クレードルがある事によってイーサーネットポートを使用する事が出来ますので、LANケーブルを使ったAPモードやルータモードが利用する事が可能になります。

その上、いつもWiMAX端末を満充電の状態で維持する事が出来ますから、いつでも外に持ち運ぶ事が出来るようになります。
Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な部分が特徴のWiMAX機器です。その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
それに加え、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアを利用する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんので、USBポートから常に給電しながら利用するタイプのWiMAX端末となります。

WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応しているものもあります。

 

au 4G LTEは人口対応率99%と言う通信回線で、広いエリアで繋がります。
その上、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、奥まった場所にまで電波が行き届きます。代わりに、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に掛けられます。
WiMAXを契約すると、その機能性の高さに驚かされます。
私がWiMAXと契約後に思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですけど、通信制限のせいでイライラする状況が無くなりました。
UQ WiMAXにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルでは無くなるのです。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約の際に付いて来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額料金362円の有料サービスもあります。
このオプションサービスは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。

対象となるアクセスポイントの数は全国10
000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどでサービスを利用する事が出来ます。Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った金額分はGMOポイントで還元して貰えます。
WiMAXサービスを運営するプロバイダの中でも、少し変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。
そう言う訳で、3WiMAXではラインナップされているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然違います。
具体例としては、3回線のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダには提供されていません。WiMAXを利用していて思うメリットは、いくつか思い浮かびます。まず、モバイルの通信規格と言う点で、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。

次に思い浮かぶのが、無線のインターネット回線ですから、インターネットの回線工事は不必要です。更に、無線を使ったサービスと言う事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。加えて、料金プランによっては7G制限が無いと言う部分も、WiMAXのメリットと言えるでしょう。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。このテクノロジーによって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになる訳なのです。
他には、Bluetoothにも対応してますので、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングを行なう事が出来ます。
ワイマックスと言うサービスがありますが、この通信サービスって、帯域制限が厳しくないところが人気の秘密です。と言う訳で、結構、インターネットの利用を行なうと言う人ならば、特に気になるモバイルサービスでは無いでしょうか?帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、考えてみてはいかがでしょうか?UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますが、25ヵ月間の契約が基本です。
なぜかと言うと、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

それに、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、おのずと、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、お得感は毎月重なって大きくなります。

 

WiMAXサービスの中でも、一番サポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。

WiMAXサービスに対して情報を最も持っていますし、トラブルが起きた際の対応も最も迅速かつ的確で、電話サポートの受付け時間も最長です。
けれど、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店に申し込みを行なうと言う手段もあります。代理店ならキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。

WiMAXを利用する時、注意すべき速度制限は二種類存在します。

まずは、月間データ量による速度制限と言う、7G制限と言われているものが存在します。

 

二つ目が、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。
ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。

 

ただ、混雑回避の為の速度制限は適用されます。URoad-StickはUSBタイプの軽量かつコンパクトなWiMAX端末で、持ち歩き性が良くて利便性が高いです。

URoad-StickをUSBポートに接続することで、電気をまかないながら使用する事が出来ます。

難しい設定も不要で使用出来ますから、そう言う手軽さが評判のWiMAX端末となっています。使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度となると110Mbps出す事が可能です。

So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうメリットですが、セキュリティサービスがメリットの一つとして挙げられます。
その訳は、So-netが提供するインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言うところが好評なのです。申し込み後に付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSで利用可能で、最大で5台の機器までセットアップする事が出来ます。

 

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にインストールする事で、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々なリスクに対処する事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典と言えます。

WiMAX端末は普通の価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。それなりの値段となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。
そんなわけで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますから、そんなプロバイダを選べば良いです。
最近のUQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末も登場しています。

 

au 4G LTEはauの通信回線で、日本の人口カバー率99%を超えている、かなり繋がりやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。