WiMAX端末しか使わないので

WiMAX通信を行なう為の端末は、どんどん性能が上がって来ています。
何よりも、通信速度の改良が目立ち、今のところ、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特長となっています。ただし、この頃は通信速度より、通信量の方が気にかけられる傾向にあるみたいです。新しいWiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。何故かと言うと、混雑回避の為の速度制限、これが適用されやすくなって、利便性がガクンと落ちたのです。なので、メーカー及びユーザー的には、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。

 

WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか使わないので、家の中がさっぱりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要性があります。モデムは毎月レンタル料が必要で、月々の料金に上乗せされます。

一応、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですけど、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。
UQ WiMAXの醍醐味は、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他のモバイルインターネットサービスなら、帯域制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。可能な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?そんな中で、WiMAXだったら堂々と映画が視聴出来ますし、24時間ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。(UQ WiMAXの端末価格を無料にする方法とは?情報)
WiMAXのサービスの中でも、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの受付け時間も最長です。
ですが、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店と契約を行なうと言う方法もあるのです。代理店だとキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。

 

WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX機器も登場しています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超えると言う、かなり繋がりやすい通信回線です。

800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が行き渡りやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も増えて来ています。WiMAX通信に対応した機器のサイズは、ポケットサイズです。そう言う事で、邪魔にならない大きさです。ポケットからはみ出さない大きさですし、重さや厚みは大した事なく、ポケットがパンパンになる事もないです。WiMAX対応の通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。

その為、WiMAX通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。

 

WiMAXサービスの月々の料金ですけど、なんと、契約先により金額が違います。

 

具体的に言うと、Broad WiMAXの場合は初めに高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が値下げされます。そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、契約25ヵ月目からの月額料金は高額になります。
このように、それぞれの契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を検討しましょう。

WiMAXサービスに申し込むと、この利便性の良さに驚かされます。自分が感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ無くなるのです。WiMAXのサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているところもあります。具体例を挙げると、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。

DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やレジャー施設、その他、温泉施設やインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。

 

展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。
WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、このネットサービスは、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。

なので、十分にインターネット通信を行なう目的の人にしてみれば、ストレス無くインターネットを楽しむ唯一のモバイルサービスと言えます。速度制限が気がかりでモバイルを諦めていた方は、検討してみるのも良いでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。加えて、au 4G LTE対応はHWD15から受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

勿論の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しながらの通信にも対応しています。
某電機屋さんで、光インターネットの勧誘を受けました。既にWiMAXを使っている私ですし、当然ながら、光回線は必要ないものです。
ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、考えてなかった返事を貰いました。
WiMAXって言うと、その日の天気で受信状態が変わるでしょう?しかし、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。天候に左右される事は一度もありませんでした。
台風で天気が大きく荒れた日も何度かありましたが、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う部分が強みのWiMAX端末です。これだけ速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあります。
この3波キャリアアグリゲーションですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現可能にしている訳なのです。

だけども、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限度がある為、利用可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円もします。結構な値段となりますので、WiMAX導入の際の負担となってしまいます。

そこで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応して、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。

 

その技術により、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになる訳なのです。

 

その他にも、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。WiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は大きく変わりました。

最も大きかったのが、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。そう言う事から、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、WiMAXサービスの月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貯まります。
貰えたGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用する事が可能です。BBウォレットの残高にお金を振り込んでおけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用されます。その上、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトのくまポンで使用する事も出来ます。
確かにWiMAXには通信制限がありますが、さほど厳しいものではありません。

ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がないです。混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。

通信制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。

 

WiMAXを利用していて感じるメリットは、いくらかある様に感じます。一つ目が、無線の通信回線ですので、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。次に考えられるのが、モバイル通信と言う事で、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。また、モバイルの通信規格と言う点で、低負担でインターネットサービスを利用する事が出来ます。
また、料金プランによっては7G制限が無いと言う部分も、WiMAXを選択する理由と言えます。

WiMAXと契約を申し込む折、様々なキャンペーンサービスが付いて来ます。

 

特に便利なのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。

UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。この頃、WiMAXサービスの契約先の中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが登場しています。例を挙げれば、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を導入しています。並びに、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。

 

どちらの保証制度にしても、契約解除料を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。
キャンペーン対象となるWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開していて、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。それだけではなくて、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。

更に、サポート体制もしっかりしていて、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。WiMAXの提供元は、auの子会社になるUQコミュニケーションズです。

 

そんな理由から、auに連動したサービスがいくつかあります。

その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineなのです。WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
なぜなら、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからです。
そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。また、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。WiMAXを使用する際、注意すべき速度制限が二種類あります。
一つめが、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限と呼ばれているものがあります。ふたつめが、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものが存在します。
ギガ放題プランへ申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。

でも、混雑回避の為の速度制限に関しては適用になります。
WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。

新製品が次々と登場し、新しい機能を持ったものが次々と出ています。

WiMAXの通信回線もそうで、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。

更に、通信速度が年々速まっています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された際も、通信速度が倍に向上しました。Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、特に月額最安プランが特徴的だったりします。

 

月額最安プランの特徴としては、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる点にあります。

 

ですけど、一定条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結果的には初期費用は支払う必要が無くなります。
加えて、好きな時に他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で契約したその日中に発送されると言った部分もBroad WiMAXの特徴となっています。
WiMAXサービスの評判について調べていると、ポジティブな意見ばかりではありません。
どういうものがあるのかと言うと、電波が全然拾えないだとか、そんな批判的な意見もあります。
にしても、WiMAXを取り巻く環境は毎日変化しています。そんな訳で、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。
口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、出来るだけ新しいクチコミを確認するようにしましょう。WiMAXの機器の中には、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、広大なゾーンで繋がります。

そして、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった部分にまで電波が届きます。難点としては、一度でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。