こんなに速い通信速度を出す事が出来る秘密は

この頃、WiMAXサービスのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

例を挙げると、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を導入しています。その他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。いずれの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。
周知の通りWiMAXには帯域制限がありますが、さほどハードなものではありません。
WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がないです。混雑回避の為の速度制限の場合も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。通信制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX端末です。

こんなに速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあるのです。この3種類の電波を使用したCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現可能にしている訳なのです。→So-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーンは二種類!?

ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限度がある為、選択出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。
具体例を挙げると、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEが存在します。ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。この通信速度、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。だから、速度制限が無いものの、WiMAXと比べれば、速度制限状態が常に継続するようなものでしょう。WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。

そんな長期契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約を行いたい所です。
うっかり見落とされがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。

カスタマーサービスの受付日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、ちゃんと判断してから申し込みを行いたいものです。WiMAXサービスの提供元は、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズです。

 

ですので、auに連動したサービスがいくつかあります。

その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。

WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auのサービスの月額料金が割引きされるサービスです。最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末も登場しています。

au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用して、日本の人口カバー率99%を超えている、とても受信しやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった位置まで電波が届きやすいです。

 

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がっています。WiMAXの特長としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。

無線を使用しますから、どこからでもネットアクセスが可能となり、利便性は高まります。それに加え、WiMAX端末はポケットサイズですし、持ち運び性が高いです。諸々の点を考えると、タブレットと一緒に持ち運ぶと良いです。
そう言う部分から、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応して、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。

 

そのテクノロジーによって、下り最大通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになるのです。

 

他にも、Bluetoothにも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。電機屋にて、光回線のサービスを店員さんから勧められました。WiMAXを既に使用している私ですし、当たり前の事ですが、光回線を検討する事はありません。
販売員に必要ないと伝えたところ、想定外の返事をされました。

 

WiMAXなんて、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?でも、これまでの経験上、天気悪化でWiMAXが使えないと言う経験はいまだかつてありません。台風の中でも、WiMAXの受信が悪くなったり、そう言う経験は一度もありません。
WiMAXの強みは、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。他社のモバイルインターネットサービスだと、帯域制限が恐ろしくて映画など見てられません。可能な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位でしょう。

 

それに対し、WiMAXなら普通に映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても問題ありません。

 

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。対象のWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末が手元になくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いですから、とても評判の良いサービスになってます。WiMAXを利用する際には、注意する速度制限は二種類あります。
まず、月間データ量による速度制限、俗に言われる7G制限って言われているものです。
続いて、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。

ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。しかしながら、混雑回避の為の速度制限に対しては適用となります。

 

WiMAXの月額料金ですが、驚いた事に、契約先により金額が違います。具体的に言えば、Broad WiMAXの場合は最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は毎月の料金が割引きされます。そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。
こんな感じで、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を決めましょう。Speed USB STICK U01はUSBタイプの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事によって、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

また、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアに対応する事が可能です。Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんので、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末になります。流行りのインターネットサービスの動きを観察していると、モバイルインターネット業界も魅力があり、気になる存在となって来ました。

契約した建物内でしか使えないと言った従来の概念とは異なるので、結構使い勝手が良いなと言う感覚を持っています。モバイルと言えば、通信状況の信頼性が欠ける感じはあります。
そんなイメージとは裏腹に、現在のモバイル業界は環境の整備が整っていて、通信状態は良くなっています。なので、モバイルだからと言っても、安定しないと言う事は無いです。WiMAXのサービスに申し込んだ事により、私の生活は大きく一変しました。
一番大きかったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。
ですから、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れるようになりました。

WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。例を出せば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club Offと言うDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やテーマパーク、更に、温泉施設やインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。映画やミュージカル、展覧会やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、色んな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。WiMAXサービスの中で、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。
WiMAXサービスに対してデータベースを一番持っていますし、トラブルが起きた際の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も最長なのです。ですが、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店と契約をすると言う方法もあります。
代理店だとキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが可能です。

WiMAXを使っていて感じる利点は、いくつかあります。

まず思い浮かぶのが、無線を使ったサービスなので、任意の場所でネット通信を行なう事が出来ます。
続いて思い浮かぶのが、モバイルの通信規格と言う点で、回線工事が不要だと言う点です。

 

また、モバイルの通信規格と言う点で、月々の負担額が減ると言う利点もあります。その他にも、速度制限が緩い点も、WiMAX人気に通じる部分と言えます。

WiMAX通信専用の通信機器は、次々と新しいものが発売されています。
個々により機能が異なり、便利さも違います。
中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売でしょう。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX機器なので、バッテリーを内蔵していない関係から、利用目的は室内利用だけに限られています。そんな面はありますが、可動式の高性能アンテナが外付けになっており、受信性能の高さが特徴の一つになっています。なおかつ、一度に16台もの機器をWi-Fi通信可能ですし、2台の機器を有線で通信する事が出来ます。更に、WiMAX通信だけを使用するノーリミットモードに対応していますので、帯域制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからです。

そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。
合わせて、三日間の総通信量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。
WiMAXを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXといったプロバイダがあります。Broad WiMAXの強みには、月額料金が安い点が挙げられます。それだけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。

このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。本来は月々500円掛かる有料サービスなので、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口カバー率が99%の通信回線で、広いエリアで繋がります。加えて、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、奥まった場所まで電波が届きます。他方で、一度でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、WiMAXサービスの月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貯まります。貰えたGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用する事が可能です。

BBウォレットの残高に現金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。

 

更には、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに利用する事も可能です。WiMAXを手に入れると、WiMAX端末しか必要ないので、屋内がすっきりします。

 

光回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。

 

モデムは月々レンタル料金が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。方法として、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する月はレンタル料金を請求されてしまいます。
WiMAX通信の出来る端末のサイズは、スマホよりも小さいです。と言う事で、持ち運びするのに便利です。
ポケットからはみ出さない大きさですし、重量や厚みも大した事なく、お財布と一緒に入れる事もできます。
ワイマックス対応の通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。と言う事で、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事もできます。UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間契約が一般的です。

その理由は、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。更には、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用されるので、結局のところ、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。
500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、割引きは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きくなります。