移動距離が短い引越しがウリの会社

それだけに、日本からのピックアップトラックには関税をかけるなど、締め出しを図ってきた経緯がある。トヨタにとって、ピックアップトラックを含むライトトラックと呼ばれる市場が、乗用車よりも大きいことから、今後の収益の大きな柱になるのは明らかだった。

しかも、乗用車部門では競合するホンダも、ピックアップ・トラックを製造する可能性は少なく、総力戦でホンダに差をつける絶好のチャンスにもなった。一方、ホンダの開発部隊は、米国部品メーカーのトラックシャーシーを使って、ホンダ製ピックアップ・トラックができるかどうかを極秘裏に検討、「それが可能である」という結論まで出した経緯がある。
 しかし、同時にトヨタには不安もあった。「TlOO」 を現地生産することで、ビッグ3
の反発をまねくのではないか、ということである。ところが辛か不幸か、「TlOO」 はパワー不足であまり売れず、ビッグ3もそれを無視した形だった。