転勤する人が出てくる2月から「春分の日」ごろにかけては

一方、高速道路の施設としてこのインターチェンジの中間点付近には、サービスエリア(弘)やパーキングエリア(払)が配置される。とくに、地方部においては目と鼻の先にこのショッピング施設があるにもかかわらず使用できない。

もし、この弘や払の利用が一般道路からのアプローチによってできれば高速道路本来の機能ではないが、沿道住民にとって生活ポテンシャルが高くなる。また、高速路線バスが孤立した停留所から、この弘や払に移動できればさらに便利になる。このように沿道地域に対し、高速道路そのものの機能ではないが、赤帽 引っ越しその施設が利用できる体制を得れば、用地買収に際し、地主が先祖代々からの土地を手放すに際しても、価格面での納得がもちろんあるものの国家の公益的意味に加えて地域の公益的利用価値を見出すことは、用地買収を容易にする説得材料となろう
その第一が、ErC装着車両に限られるが、SAやPAでの出入が一部可能となったことである。