認知症とは

認知症(にんちしょう)という病気は色んな要因で脳細胞の死滅などを起こし、脳への正確な命令がうまくいかないようになり、精神や体に異常をきたし日々の生活が難しい状態になる事を言います。一昔前は痴呆などとも呼ばれてましたけど、そのワード自体が「差別発言な感じがする」jといった意見が多かったんで二○○四年あたりから認知症(にんちしょう)と名付けられたようです。
脳血管型の、認知症(にんちしょう)の初期症状としては意欲低下や自発性の低下、夜間の不眠や不穏が挙げられます。

小規模の脳梗塞や脳出血が起こった場合だと、症状がふらつきや目まい程度にとどまってしまい認知症(にんちしょう)が原因と気づかないケースも多くあるようです。
より症状が進行すると脳が異常をきたした箇所によって、症状の出具合がまるで違うまだら認知症(にんちしょう)と呼ばれる症状が特徴として挙げられます。
認知症(にんちしょう)と呼ばれる病気の予防でよく効く食べ物にシークワーサーが挙げられます。
シークワーサーに限定された事ではなく柑橘類などにたくさん含まれているノビレチンと呼ばれる成分が認知症(にんちしょう)を予防するのに良いとされています。
ノビレチンと呼ばれる成分は血液の循環に重要な血管の健康をキープする抗酸化作用(ポリフェノールなどもあります)があり脳の血の流れをキープしつつ脳内セルの死滅などを防止するという仕組みなんですね。

プラズマローゲン 副作用