サプリメントは飲み方により吸収が悪くなる

サプリメントを飲む時には、してはいけない悪い飲み方がありますので注意が必要です。

サプリメントの飲み方として、一番悪いのはジュースやお茶、コーヒーなどで飲む事です。

ジュースでサプリメントを飲むという方法は、毎回必ず問題があるということではありません。

ジュースの種類によっては副作用などの悪い影響がある場合もあります。

ビタミンサプリメントとオレンジジュースという組み合わせはいい方向に作用するケースもありますが、時によっては重大なトラブルが発生することもあります。

例えばグレープフルーツのジュースは、血圧を下げる効果があります。

腸で薬物代謝酵素の働きを抑える効果もある為、効果が強く出すぎたり、副作用が出る可能性も高くなります。

基本的にサプリメントはジュースなどでは無く、水で飲むようにしましょう。

お茶やコーヒーでサプリメントを飲む場合も悪い飲み方のひとつです。

タンニンやカフェインが含まれているお茶をサプリメントと一緒に摂取すると、栄養素が吸収されづらくなります。

せっかくサプリメントを飲むわけですから、その吸収が抑制されてしまうような飲み方はよくありません。

鉄分のサプリメントはタンニンと結びつきやすいので、お茶で飲むといった飲み方はよくありません。

他にも牛乳やコーラ、お酒などと一緒にサプリメントを摂るという飲み方は、サプリメントの効果を阻害する事がありますので避けるようにしましょう。

山本卓